Home » Doviru monogatari by Kanoko Okamoto
Doviru monogatari Kanoko Okamoto

Doviru monogatari

Kanoko Okamoto

Published
ISBN :
Kindle Edition
26 pages
Enter the sum

 About the Book 

明治から昭和にかけて活躍した小説家、歌人である岡本かの子の小説。初出は「経済往来」[1933(昭和8)年]。日本留学生小田島春作は不思議な魅力を持つ女イベットの電報で呼ばれ、ドーヴィルのノルマンジーホテルにやってきた。そこで見たのはドーヴィル市長と腕を組んで歩くイベットであった。パリの社交場がそのまま移動してきたようなドーヴィルの賭博上にイベットは出入りしており、いっぽう春作はとある女に付き纏われ振り回される。イベットと春作の恋愛小説でありながら、多彩な要素を盛り込んだ意欲的な作品である。